「黒魔術」というもの

私が小学生の時に仲良くなった友子ちゃんは、「黒魔術」というものに興味を抱く女の子でした。
友子ちゃんによると、「さそり座でA型の人は霊感が強く「黒魔術」を行うことができる人が多い。
」とよく話していました。
私はさそり座でもA型でもないのですが、友子ちゃんはさそり座のA型でした。
ある日、友子ちゃんの家に行くと黒いタロットカードが置いてありました。
「これは何?」と聞くと「触らないで!」と怒られました。
後から聞いたところ、タロットカードというものは、それを行う人以外の人が触れると、途端に効力がなくなるのだそうです。
私はそのような基本的なことも知らない子どもでした。
その後、友子ちゃんはますます「黒魔術」というものにのめりこんでいきました。
中学生になる頃には、どくろのオブジェや色々な色の大きなろうそくなどを買いそろえていました。
「黒魔術」というものは、白魔術と違って、人を呪ったりすることができるそうでダークなものだから取り扱いには高い精神力が必要だと言っていました。
私は精神的に幼い人間なので、取り扱うのは難しいのかなぁと感じたことを今でも覚えています。