催眠が大切

誰でも若い頃は、一分でも多く寝たい気持ちが大きいのではないかと思います。
私も学生の頃は、そうでした。
勉強嫌いな上、遅くまで起きていて、睡眠不足のまま学校へ行き、集中力も落とす毎日を繰り返していました。
今、三十路を向かえ、子宝にも恵まれ、子供中心の生活をしていると、自分がどんどん健康的になっていくのが分かりました。
子供は今、3歳になる娘で、幼稚園へ毎日、元気に通ってくれています。
夜8時に就寝し、朝5時に目覚め、主人のお弁当と朝食作りです。
それから、主人と娘を起こし、一日が始まります。
朝は、家のお掃除を済ませ、仕事を始めます。
私は、幸い、お稽古事を教えていて、家で仕事が出来るため、出勤時間は省けます。
仕事を終え、昼食を済ませると、娘が幼稚園から帰ってきます。
帰ってくると、夕飯の買出しに行き、すぐに仕込みに入ります。
あれこれと、自分の時間も無く、フル回転の毎日ですが、これも催眠睡眠をたっぷりと取っているから出来る事なのだと思います。
何だか年齢を重ねる毎に、だんだん元気になる自分がいて、毎日がとても充実しています。
身体の健康に慢心する事なく、これからも家族を守るため、自分の健康にも気遣っていきたいと思います。